おい

そこの

鈴菌野郎!!



鈴菌野郎はこんなフィギュアや



鈴菌野郎はこんな画像を・・・・・・

著作権

注---神経質な方の入室はお断りいたします。
古い情報ですので、傷・汚れ・不具合は多数あります
また配送の方は到着時 バッテリーが上がるなどの不具合もあるかもしれません
素人の収集品ですので乗り出す際は、専門家の方のメンテナンスを十分行ってください

ネット上で流れている情報ですのでノークレーム・ノーキャンセル・ノーリターンでお願いいたします

ちなみに
管理人もスズキは大好きなので
 愛をこめて 鈴菌野郎 と呼びます









鈴菌感染症

鈴菌感染症(すずきんかんせんしょう、Suzuki virus syndrhome)は、
スズキウイルス(Suzuki virus:エンスーウイルス科モトウイルス属)を
病原体とするウイルス性の感染症。
「鈴菌」と名づけられており、
あたかも細菌による感染症のように誤解されがちであるが、
近年の研究でウィルス性の疾患であることが明らかになっている。



原因
静岡県(浜松市高塚、磐田市竜洋)および愛知県(豊川市)を
発生源とする鈴菌ウィルスによる。
鈴菌ウィルスはスズキ株式会社の製品を
主要な宿主(=キャリア)としており、
特に「変態」とされるスズキならではの奇特な二輪製品が
強い感染力を示すとされる。

具体的な感染経路としては、
製品実物からの接触感染(SBSや感染者の所有物など)、
および同社のエンジン等の部品を使う
他社の製品(アプリリアRS250、カジバラプトール等)からの
音波感染が挙げられ、
そして近年では純正部品[99000-99037-42K](湯呑み)による感染が
確認されている。
ごく稀に、母体からの垂直感染(先天性鈴菌感染症)もあるという。
同社の世界中への販路及び製品の宣伝により、
視覚的にも感染するため、
地域を問わず感染例がみられる。


症状
潜伏期間は数ヶ月〜数年の場合が多い。
大抵は潜伏期間のうちにじわじわと所有欲が増加し、
購入に至ってしまうケースである。
しかし鈴菌ウィルスに接触してから数時間後には契約印を押していた
というような急性型も多数報告がある。
同社の該当製品(以下、「宿主」と表記)を「ダサい」などと否定する状態から
すでに感染しているケースも
多く報告されているのでウィルスのキャリア判定は困難である。



発病はおおむね段階的であり、
宿主に興味を抱く、具体的に調べる、SBSや赤男爵などに見に行ってみる、
貯金残高の確認などから、
特異な「変態性」を認識しそれに魅かれる、
もうその宿主しか見えない、などを呈する。
そしてついに宿主の購入に至ると、ウィルスは爆発的に増殖を始める。
購入対象が全て宿主となり、重購入などに至る。
(例:SSとチョイノリ、ツアラーと少排気量2stなど)
進行すると喉頭部からの発音や日常行動を通じて、
より広範囲に感染を広げようとする
異常行動(感染予備軍を増加させる)が見られ、
最終的には全身の装備や生活空間にまで感染の影響が及び、死亡する。
死亡率は50〜90%と非常に高く、死亡者の殆どにサイフからの致命的な出血が見られる。


治療方法
鈴菌ウイルスに対するワクチンはない。
また鈴菌感染症に対して有効かつ直接的な治療法はない。
なお実験動物に対してはウィルス学の油川玲治(城南大)が
鈴菌ウイルスの変異体(一部遺伝子をOEM操作して弱毒化)を用いて
カワサキ抗体(漢気抗体)を産生することができるワクチンを実現している模様。



著作権





SUZUKI乗り過ぎ/SUZUKI依存症
Suzuki-Related Disorders
【診断基準】

[SUZUKI乗り過ぎ]

次のうち1つ以上が1年以内に起こっていれば、SUZUKI乗り過ぎと診断されます。

1.SUZUKIに乗り過ぎているために、仕事、学業、過程で重要な役割を果たせなくなっている。

2.SUZUKIに乗り過ぎたらまずいと思われるような状況でも、乗らずにはいられない。
  たとえば酒を飲んでからSUZUKIを運転して変態祭りに行ったりする。

3.SUZUKIが原因で、一度ならず逮捕、もしくは刑事処分を受けている。

4.SUZUKIが原因で、いつも社会的な問題や対人関係のトラブルが絶えない。
  たとえば、SUZUKIに乗ったために起こったことで
配偶者と口論したり、暴力をふるったりする。

[SUZUKI依存症]

次のうち3つ以上が1年以内に起こっていれば、
SUZUKI依存症と診断されます。
1.SUZUKIの変態に対する耐性がきわめて強くなっており、なかなか満足しない。
  満足するにはかなりの変態でなくてはならない。

2.離脱症状(禁断症状)があるが、SUZUKIに乗ればば消えてしまう。

3.以前よりも長い時間SUZUKIに乗っている。

4.いつもSUZUKIをやめるか所有台数を減らすかしたいと願っている。
  しかし、実際にやってみたことがあったとしても、失敗に終わっている。

5.SUZUKIを買うためなら、大変な時間をかけるのもいとわない。
  (たとえば、近くで売っていなければ、長距離を運転してでも買いに行く)

6.SUZUKIが原因で、仕事や社会的な面で支障があったり、
娯楽を放棄しているか、減らしている。

7.精神的な問題や身体的な問題がSUZUKIのためにいつも起こっており、
たとえSUZUKIに乗り続けたら悪化するとわかっていても、やめられない。




川崎製バイクが鈴菌の増殖を抑制することが判明し
19xx年に初めて抗鈴菌バイクとして認可される。
作用機序としてはライダーの新車購入の際、漢気を取り込ませて
スズキ製バイクの購入を途中で止めることによって鈴菌の増殖を抑制する。
しかし単一メーカーによる治療では漢気耐性鈴菌の出現がさけられず、
また重篤な副作用により治療を中断せざるを得ない状況が 起こるようになった。


地球防衛軍(TDF)

英記名はTERRESTRIAL DEFENSE FORCE。TDF とはこの略称。
鈴菌の脅威から発足された
富士山のふもとに巨大な地下秘密基地を建造。総隊員数約300名。
ウルトラホーク1〜3号、マグマライザー、ハイドランジャー、ポインターなどの専用超兵器を装備している。



そこで治療方法の幅を広げるため、本田、ヤマハを筆頭に
さまざまな抗鈴菌バイクが開発されていった。
鈴菌は突然変異を起こしやすいため
単一のメーカーではすぐに耐性鈴菌を誘導してしまう。
ただし各メーカーごとに特異的な変異を生じることがわかっており
それぞれの耐性変異が重ならないようにバイクを組み合わせて処方される。

鈴菌の増殖を抑えるように綿密な治療方法が考えられ
多くの感染者の予後を 向上させているが
それでも耐性鈴菌の出現はさけられず
根本的な解決には至っていないのが現状である。









【感染度A】(薬を出しときます)

グラトラ、スカブ、ST250/400、インパルス、ストマジ
DR-Z400SM、イントルーダークラシック、アドレスV125、レッツ2&4

【感染度B】(入院が必要ですね)

1100/水冷刀、隼、チョイノリ、RGV-ガンマ、GSX-R、
水山賊1250、バンバン、ドジェベル、グース250
GSR、イナズマ、ブルバード、SW-1、GSX1400、セピア
デスペラードX ジェンマ50〜125

【感染度C】(すぐにご家族を呼んでください)

TL-R、フリーウィンド、GS1200SS、アクロス
イントルーダー800,1400RF、Vストローム、グース350 ,VX800
武丸インパルス、RMX250S、油冷GSX-R750/1100、
RG-ガンマ、耕運機ハンドルの750刀、SV1000S/400S
サベージ  GN125 ギャグ

【感染度D】(もう死んでます)

東京タワー、山賊400リミテッド、TL-S、無印SV1000&400、ハスラー
1100/油冷刀、RG-ガンマ400&500,コブラ、ウルフ125/250 GS125E小刀
NZ250 GS1150EF  GSX-R SiettoGP1カラー ModeGT
 MT50 Hopperホッパー
パカタナ ウルフ50(LA11A)

 GR650 ロッパンジー(GS650G)


【感染度E】(病院一帯を封鎖して核攻撃) 

GT750B RE-5 XN85ターボ
 GSX1100S/刀corsa
GV1400カバルケイド




著作権

変態アンケート調査

(1)愛車のキーにスズキ製のキーホルダーを付けている



(2)メットはスズキワークスライダーのレプリカだ

(3)金さえあれば、III型カタナや東京タワーが欲しい



(4)スズキの湯呑みを2個以上所持している。





(5)スズキが変態と言われることにイラっとして・・・ いない

(6)ついつい、他のスズキ乗りに親近感を抱いてしまう



(7)スズキのバイクは例外なく全て名車だ。と、言い切れる



(8)二輪のみならず、実は四輪もスズキ車である。



(9)他のバイクメーカーには絶対に必ず興味は無いんだ



(10)最近、タンクの「SUZUKI」ロゴが「S」だけになってるのが不満だ



該当する場合は○(1点)、しない場合は×を。微妙なら△(0.5点)
1〜2点= いたって正常。
3〜5点= 鈴菌に感染済み。でもまだ症状は軽いでしょう。
6〜8点= 既に体が鈴菌に支配されようとしている。
9〜10点= もう手遅れの鈴菌末期です。助かることはないでしょう


東京タワーを欲しがるアルプスさんは


ジオン軍 ドム仕様




【一般人】
ある意味で幸せ
「バイク?車の方が便利だろ?」

【要注意】
趣味にならないよう割り切れれば安心です
「通勤通学に原付でも使ってみるか」

【要観察】
感染の機会が多くなります。既に感染の可能性もあります
「よーし、二輪の免許とっちゃうぞー♪」

【軽度発症】
日常生活に支障はありません。悪化しないよう自己管理に努めてください
「今度買うのは(スズキ車)にするか」

【中度発症】
日常生活に支障が出始めます。
仕事や勉学、生活費を犠牲にしてまでのめりこむ事のないように
「いやっほー!!スズキ最高!!(*´д`*)ハァハァ」

【重度発症】
すでに人間としての限界を突破しています。
周囲に被害を与えかねないので、隔離が必要です。
「やる気!元気!スズキ!!グヘヘヘヘ」
 


鈴好き 広い道 お兄さんの
スズキにいきたいぞう体操!!





安物→コストパフォーマンスがいい。
安普請→シンプル。
ダサい→個性的。
マイナー→ポリシーがある。


スズキの3ナイ運動
    「真似しナイ」  まねからではイイものが出来ない
    「前例がナイ」  前例があることではおもしろくない
    「常識的でナイ」 かといって常識を持っていてはダメだ


開発部

「エンジンの味の出し方が分からなかったので
取り合えずパワーだけ出してみました」




著作権




H・二本の線、すなわち生産性と機械効率の二本線が真ん中で結ばれている。
相反する二つの線が結ばれているが、結果的に特徴はなくなる。

Y・技術と趣味性が一本に交わる。
優等生的な製品が生産される。

K・一本の垂直の線から真面目気質が伺えるが
真面目線から斜め上に飛び出した線が男気、
男気線から下に出た斜線が品質的な問題を物語る。

S・どう考えてもあり得ない曲線を描いているが
実は隠陽思想。
変態と速さは両立できると静かに物語る。





著作権


 


1:事実に対して仮定を持ち出す
  「確かに当社で販売したGSX-R750K6は、
排気音量が法で定められた数値を無視したものだ。
   しかし、もし法が誤っており115dBでも大丈夫だとしたらどうだろうか」

 2:ごくまれな反例をとりあげる
  「GSF1200はアクセル開度6割で竿立ちする恐れもあるというが、
2006年5月13日に舞洲でのミーティングの際には、
誰一人として転倒していない。」

 3:自分に有利な将来像を予想する
  「そもそも見た目重視のマーケティング自体が
あてにならないものであり、
今後はスズキが二輪シェアトップを獲る事など
全く起きないこともない。」

 4:主観で決め付ける
  「これくらいの青白だったら、私の経験則からは
大丈夫だと言える。」

 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
  「二輪業界においては、乾燥重量など愚問であり、
最高速度や最高出力などと同じように、
   ユーザーが夢見るために定められているのだという捉え方が一般的だ。」

 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
  「ところでカタナ狩りって、ほんの25年前にマジであったの知ってる?」

 7:陰謀であると力説する
  「今年のGSV-R騒動自体が、
日本のプラモ業界への参入を目論むスズキの陰謀だ。」

 8:知能障害を起こす
  「本当にTL-RのVツインエンジンの振動が不足しているのなら、
性行為の震動は9500rpmほどに達することもあるのだから、
   加速が始まってコンマ数秒でエクスタシーを感じたはずだ。」








 1:事実に対して仮定を持ち出す
  「確かに当社で販売したバイクには、販売台数が目標の1割しかないものもある。
   しかし、もし世界が誤っておりこの世が全てスズキだとしたらどうだろうか」

 2:ごくまれな反例をとりあげる
  「ロッシが乗ったらチャンピオン獲得する可能性もあるというが、
2007年にル・マンでvmlnが優勝を記録した際には、
   ロッシは表彰台にもいない。」

 3:自分に有利な将来像を予想する
  「そもそもTLが先を行き過ぎたのであり、今後はロータリーダンパー以外のバイクなど
全く作られないことも考えられる。」

 4:主観で決め付ける
  「これくらいのA-styleだったら、私の経験則からは俺のスタイルだと言える。」

 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
  「スズキにおいては、メーカー希望小売価格など飾りであり、
   値引き幅を強調させるために定められているのだという捉え方が一般的だ。」

 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
  「ところで、ケニーJr.は、ほんの7年前にチャンピオンだったというのは知っているか?」

 7:陰謀であると力説する
  「今回のカワサキのZZR1400投入自体が、
新型隼の市場投入を目論む我々への挑発だ。」

 8:知能障害を起こす
  「本当に感染が始まっているのなら、東京タワー オカンとボクといつもスズキ。」




鈴菌トーク集





俺は初めて彼女とSACSした。
「もうそろそろ? 君のサベージを確かめたいんだ。」
彼女の豊満なバーディがバラ色に染まる。
緊張した俺は焦り彼女のバンディットをイントルーダーした。
「ちょ、ちょっとマローダー!何をSRAD」 もう俺は既にWOLF。
ブルバードのホックを外すと、はちきれそうなバンバンがアヴェニス。
でもエポは意外とデスペラードだった。
恥ずかしいわ。あまりミニクロ・・・」
あそこはグラストラッカーだった。スーパーモレも少し鼻についた。
しかし、彼女のマメタンを刺激しつつ俺のビッグボーイを
彼女のボルティからヴェルデに這わせると、スワニーがジェンマしてきた
「もう、モードGT!。」「コレダ欲しいんだろ?」「早くスージー・・・」
俺は激しくインパルス。「バーグマンはいってるっ!!ハイUP−R!!!」
「あぁACROSSッ!」
「う・・DJEBEL!」
・・・・そして、V-ストロームに達した俺たちは、FD110ラブに浸るのであった。





オレ「そう・・旨いよ、愛子・・すごく・・・もうビッグボーイだよ・・」
時と共に激しさを増す愛子のデスペラードに、オレはハスラーしていた。
正直、いまだ子供の愛子では充分満足できるバーディは得られないと思っていたのだが、
愛子の激しいヴェルデは思った以上のスカイウェブ。
愛子「お兄ちゃん、どう?テンプター?」
オレ「あぁ・・・すごく、モレだよ・・」
自分の上で腰をブルバードする愛子のコブラを愛撫する。
オレ「愛してるよ、愛子・・・こんなインパルスしちゃった以上、もうお前をアクロスしたりしないから・・・・・・・」
愛子「うん・・・ぅ、ん・・ヴェク・・スタしないでっ・・私たち・・もうセピアなんだから・・・!」
オレは愛子のエポを舌でアヴェニスし、愛子はウルフを更にストリートマジックする。
オレ「ああ・・・お前は最高のコレダスクランブラーだよ・・!」
愛子「私・・もう・・・ダメ・・・ガンマしちゃう・・・!」
愛子のカタナはもうセピアだ。
するといきなりMOTHERが急に扉をバンバンした。
MOTHER「あんたたち・・・グラストラッカー!!」

「コレダ、コレダ違うの。お兄ちゃんは・・・」言い淀む愛子には目もくれず、
ママンは部屋の中にイントルーダーしたと思うと、
おれのビッグボーイの上にアドレスして猛然と可変ミラーサイクルし始めた。
突如迫り来るSB250が俺の意識をバーグマン。
かろうじて愛子の声を聞き分けることができた

「やめて!!お兄ちゃんは、お兄ちゃんは私がマローダー!!!」

「チョイノリの分際でボルティんじゃないわ。あんたなんてそこでジムニーでもしてなさい」
ママンがフリーウィンドをVCバンディットし、さらに激しくHI-Rし始めると、俺のサベージがアクロスし始めた。

もはや爆圧アップの2004年SV1000、ビルシュタインサスペンションを狂ったように2ストロークさせR1-Zし、
ママンもブルバードと体をエピクロさせ川崎と業務提携した
ふと見ると愛子は俺を見ていた。もうバーディではない。すでにハヤブサしきったインパルスを発散させている
デスペラードしたママンと、ウルフをこれから知るであろう愛子

「これから楽しくなりそうだ・・・」俺はひそかにイナズマした





ツーリングオアシスで知り合った10歳以上年上のオジサンの家へ。
そしたら「これ着て責めて欲しい」と言われて、メカニックというか、
スズキの人が着てるような青白のシャツを着させられ、ミシュランのキャップをさせられた。
向こうは革ツナギ。

まあこんなのもたまにはいいか、とメンテしてたら、オジサンが喘ぎ声の中、喋りだした。
「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…ス、スズキ勝った?ねえスズキ勝った??」
…オレは突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまった。
オジサンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうにオレに言った。

メンテ再開。
オイルとかをなめつつタンクをさわさわと触る
「お、おにいちゃん、スズキ勝った?」
「ああ、スズキ勝ったよ」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、な、なにが、、ハァハァなにに勝ったの?」
ミラーを舌でやさしく舐めながらオレは答えた
「…スーパーバイクとか、、、MXとかいっぱい勝ったよ」
セリフを聞き、オジサンはびくんびくんと身体をひきつらせた
「はっ!はぁぁぁあんっ!シュ、シュワンツは?シュワンツは、勝ったの??」
エキパイをしごく
「ああ。逆転優勝したよ。今年一番のレイトブレーキングだ。」
「ブレーキ勝負っ!!34番っっ!!シュワンツかっこいいいいぃぃぃい ぃくううううう!」

実話です。。きっとテキサス人との幼い頃の体験というか、淡い恋心とかが
あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。


8耐優勝記念Ver.

ツーリングオアシスで知り合った10歳以上年上のオジサンの家へ。
そしたら「これ着て責めて欲しい」と言われて、メカニックというか、
ヨシムラの人が着てるような赤黒のツナギを着させられ、ブリジストンのキャップをさせられた。
向こうは革ツナギ。

まあこんなのもたまにはいいか、とクイックチャージしてたら、オジサンが喘ぎ声の中、喋りだした。
「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…ス、スズキ勝った?ねえスズキ勝った??」
…オレは突然の、しかも想定の範囲を超えたセリフにポカーンとしてしまった。
オジサンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうにオレに言った。

タイヤ交換再開。
オイルとかをなめつつタンクをさわさわと触る
「お、おにいちゃん、スズキ勝った?」
「ああ、スズキ勝ったよ」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、な、なにが、、ハァハァなにに勝ったの?」
スクリーンを舌でやさしく舐めながらオレは答えた
「…スーパーバイクとか、、、MXとかいっぱい勝ったよ」
セリフを聞き、オジサンはびくんびくんと身体をひきつらせた
「はっ!はぁぁぁあんっ!ヨ、ヨシムラは?ヨシムラは、勝ったの??」
チタントライオーバルをしごく
「ああ。27年ぶりに優勝したよ。今年一番のナイトライディングだ。」
「8耐っ!!34番っっ!!ヨシムラかっこいいいいぃぃぃい ぃくううううう!」

実話です。。きっとPOPとの幼い頃の体験というか、淡い恋心とかが
あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。


ウキペディアより

スズ菌
(すずきん)はスズキ製の自動車、オートバイを媒介として感染する細菌の一つである。
感染者はある種のバイクや、時にはある種の自動車を熱狂的に愛するようになる。

特徴

技術のホンダ、芸術のヤマハ、漢のカワサキ、
変態のスズキ

治療と予後

現在、根本的な治療方法は見つかっていないが、以下のような対症療法が存在する。

などの方法がとられている。しかし、そうした治療を受けても悪化した例も見られるため注意が必要である。家族を増やしてミニバンを購入せざるを得ない状態にするという対症療法も存在したが、スズキがランディを発売してしまったため無効となった。

むしろ、菌と一生おつきあいすることを考えたほうが安全である。そもそも、本人が幸せなのだから治療する必要がない、と言えばそれまでである。その意味では、感染者からすれば治療は余計なお世話であろう。従って……。

おっといけない、俺はこれからマー坊の世話をして、そのあとハヤブサでひとっ走りして来る予定なんだ。しばらく帰れないから後はよろしく

感染経路

感染経路はスズキ製の製品全般に及ぶ。見ての通り、オサム神の旗の下に集まった精鋭部隊によって生み出された、革命的なモデルばかりである。二輪車による感染の割合が非常に多いが、中には油呑みのような小物によるものもある。基本的に、どれも他社のライバルと較べて中古車価格が低めで、お財布に優しい(一部のド変態モデルを除く)。

二輪車

ご存知、最強のロードスポーツ。その過激すぎる性能が与えた衝撃は大きい。これに競合他社が対抗してくるも、規制をかけられて争いは鎮火した。尻がエロい。
ネイキッド版ハヤブサ。通称は「B菌」又は「菌王」。コンセプトモデルの時点では高い評価を得た。その後実際に市販されてみると
オフロードバイク。通称「ドジェベル」。パッチリとした目が実に愛らしい。ツーリングの相棒にどうぞ。
渋滞の中を颯爽とすり抜ける、通勤の強い味方。中でもV125は最強の二種スクとして有名だが、排ガス規制によりその地位が危うくなっている。
刀のようなロードスポーツ。その変態的すぎるデザインに世界中のライダーが魅了され、スズ菌保有者の人口を爆発的に増加させた。
3型と50ccの存在は黒歴史である。
レーサーレプリカの元祖。パワーも機動力も申し分なく、これの発売はHY戦争終結の一つのきかっけとなった。後発のNSRTZRに人気を奪われたのが悲しいが、スズ菌の普及とオートバイ市場の盛り上げに大いに貢献した事実は言うまでも無い。
オフロードバイク。走る三角木馬。エンジンはもとより、モタード版のSMは足回りの完成度が非常に高く、いい意味でスズキの本気が顕れているバイク。
上記のDR-Zの先輩にあたる2ストオフ車。走るバイブレーター。エンジンがバランサーレスなので、とにかく2スト特有の振動が凄まじいが、慣れれば快感である。
若者のためのビッグスクーター。バリエーションが多く、特に650は国内最高排気量のビグスクである。DQNの手によりバカスク化してしまった個体もちらほら。
(=○)
紳士のためのビッグスクーター。変態らしい斬新なデザインが目を惹くスズキの切り札。ゴールドメタリックのジェンマは・・・中古車の値下がりが早いのも変態クオリティ。実はSW-1の子孫。
スズキ渾身の珍車。人気を呼ぶ要素が何一つとして存在しないオサレバイク。当然ながら不人気により絶版するも、個体数の少なさとカルト的な人気により中古車価格は意外と高い。
中国製の原付より安いのに、全てのパーツが国産でかつ製造も日本国内という、存在自体が変態の原付。改造パーツはほとんど存在しないが、なぜかホームセンターで部品を購入(して改造)することができる。後輪にサスが無いので、走行中は尻に激しく衝撃が伝わるが、慣れればそれこそ快感である。
2ストのオフロードバイク。クラスを超えたパワフルな走りは魅力だが、エンジンに自爆装置を標準装備しており、ノーメンテで1万キロも走ればほぼ確実に発動するのが泣き所。
元・最強のロードスポーツ。ガンマと共に馬力の自主規制値を打ち立てた。中でもGSX-R400のクラス最強のスペックは破られる事無く、最近自己記録を更新した。
上記のGSX-Rを小さくした原付バイク。ミニレプリカの元祖で、キャッチコピーの通り、中の人の遊び心で作られた。しかし、何故かこいつの存在がホンダとヤマハを本気にさせてしまい、またしてもNSRとTZR(YSR・TZM)に潰された。ギャグが通じないとは困った奴等だ。
オフロード? いいえ、ストリートですモンキー顔負けの極太タイヤを装備してデビューした、ギャグ同様に遊び心の濃いモデル。当初は原付だったものの、今では成長して200ccになって売られている。スカチューンされたらTWと見分けがつかない。
トライアンフのパクリだと?ほっとけ。
上記のトライアンフテンプターの弟分。すごく・・・安いです。
GR650はとても不思議なバイク。
外観はアメリカン、しかしエンジンはバーチカルビックツインのDOHCエンジン。
このGR650はフライホイールに遠心クラッチが着いていてアイドリング〜2,500rpmまではフライホイールがクランクシャフトに繋がっているが、
それ以上の回転ではフライホイールを離してレスポンスを良くするなんて気の利いた可変マスなんて機構が付いていた。

このフライホイールはどのエンジンにも付いているが、効果があるのはシングルやツインエンジンの低回転域をスムーズにカバーする為に、特に大きく重いフライホイールが装着されている。
ハーレー等が信号待ちで『ドドッ ドドッ ドドッ ドッ』なんて今にも止まりそうで止まらないアイドリングしているのはこのフライホイールが大きくて重い物が付いているからです。
このフライホイールも低速域ではとてもありがたいシロモノなんでが、高速回転時にはかなりのやっかい物になってしまうんです。
特に5,000rpm以上の高回転域だと惰性が付きすぎてしまい、アクセルをONからOFFにしたときにフライホイール慣性が利き過ぎてしまい回転が下がってくれない
(ハーレー、ドラッグスター、スティードなどのようにレスポンスの悪さが露呈されてしまう)
この様な部分を克服したのが可変マスのGR650でした。←これはかなり凄いことなんですよ!

有名バイク雑誌のモトライダーがBOTT(バトルオブツイン)に出場するのにGR650を選び、かの有名なPOP(ヨシムラ)にエンジンチューンを頼んでBOTTに出場し,優勝したなんてこともありました。

バイクにロータリーエンジンを搭載するという、ホンダでさえも成し得なかった荒業を世界で始めてやってのけた珍作。メーターには茶筒を採用したが、すぐに変更された。オイルショックの犠牲者。
非常に珍しい、ターボを搭載したバイク。RE-5と双璧を成すド変態向けモデル。




著作権

戻る



HOME