我が愛しきCD125
冬バージョン追加オプション
.
.
.ホンダ125 ベンリーシリーズ
最高出力/最大トルク
Benly C90 (1958) ベンリィ .  空冷4stパラツインOHC 124cc。小排気量のベンリィシリーズも神社仏閣スタイルを採用しOHCツインモデルとなった。フレームはプレスバックボーン、前輪サスはボトムリンク。ダブルシート仕様だった。 11.5ps/9500rpm
Benly C92 (1959) ベンリィ 空冷4stパラツインOHC 124cc。翌1959年セルを搭載してC92へマイナーチェンジ。ベンリィシリーズでは初のセル仕様となった。プレスバックボーンに前後16インチホイールの車体。前輪サスはボトムリンク。ハンドルはアップしたパイプハンドル仕様。シートはサドル型。公称最高速度115km/h。

画像はご好意により TRITON'S BOX様 のHPより引用させていただいております
http://lion.zero.ad.jp/~zas90507/triton/top.htm
11.5ps/9500rpm
Benly CS92 Sport (1959) ベンリィ スポーツ . 空冷4stOHCパラツイン124cc。C92ベースのヴァリエーションモデル。スクランブラー風のアップマフラーとダブルシート、ニーグリップラバーの装備、低いハンドルが外観上の相違点。エンジンは11.5ps/9500rpmから15ps/9500rpmに出力アップ。公称最高速度120km/h。 15ps/9500rpm
Benly CIII92 (1963) ベンリィ . 空冷4stパラツインOHC 124cc。Benly C92IIの後継モデル。Fボトムリンクにプレスバックボーン。エンジン出力のスペックはC92から不変。サドルシートが厚くなり、ニーグリップラバーが貼られたのが変更点。ホワイトリボンタイヤ装着。ハンドルには高めのパイプハンドルが付いている。公称最高速度115km/h。 11.5ps/9500rpm
0.9kg*m/8200rpm
Benly CD125 (1966) ベンリィ 空冷4stSOHCパラツイン124cc。CS90(1964)で採用されたT型のプレスバックボーン(Tボーン)フレームに抱えられるパラツインはボア*ストロークを同時期ラインナップのCB125と同じくするが異なるエンジン。1966年のCB系はカムチェーンがセンターだがCD系は左サイド(1967モデルからCB125も左カムチェーンのCD系エンジンを搭載する)。実用モデルとしてシングルシートにRキャリアが装備された。ホイールは前後16インチ。公称最高速度85km/h。 12.5/10,000
0.94/8500
Benly CS125 (1967) ベンリィ 空冷4stOHCパラツイン124cc。CD125のスポーツヴァージョン。エンジンは12.5ps/10000rpm→13ps/11500rpm、0.94kg*m/8500rpm→0.95kg*m/9000rpmと若干のパワーアップ。圧縮比に変更はないがメガホンマフラーに変わっている。車体はロングシート仕様でTボーンフレームに前後16インチ。重量はCD125の115kgに対して98kg(CB125は110kg、15ps)。公称最高速度は120km/h。0→200mは11.4sec。輸出仕様はSS125Aで前後18インチ。 13ps/11500rpm
0.95kg*m/9000rp
Benly CD125 (1969) ベンリィ 風格あるライトケースをはじめ、精悍なタンクデザイン、大型サイドカバー、泥水防止用の特に 深い前後フェンダーなど、すべての部分が商用車として、重厚な格調高いスタイルに一新されました。 12.5/10,000
0.94/8500
Benly CD125 (1973) ベンリィ
エンジン 新形状のクランクケースカバー、シリンダーヘッド
フレーム 新デザインのタンク、シート、サイドカバー。
  右側サイドカバー内に書類入れを新設。
  より明るく、安全性を向上したウインカー(10W→17W)
12/10,000
0.9/8,500
Benly CD125T (1977) ベンリィ .
〈エンジン〉
1. 12PS/9,500rpm, 0.96Kg−m/7,000rpmと、低速時にも取扱いやすいエンジン特性です。メインテナンス、耐久性に優れたウレタン式エレメントの大容量エア・クリーナーと、新設計の22φVC型キャブレターでスロットルレスポンスに優れています。
2. エンジン停止の機会が多い実用車として、始動が容易なセルフ・スターターを装備しました。 次の利点はCB125T−Iと同じです。
(1)ヘッド・カバーを取り外すだけでタペット調整が可能。
(2)左右分割のクランク・ケースによるコンパクト化、軽量化。
(3)クランク・シャフト部に設けたポイントによる優れた整備性。
12/9,500
0.96/7,000
Benly CD125TZ (1979) ベンリィ . CD125T=耐久性のある4サイクルエンジンの商用車。
エンジンはCM125Tと同じ最大出力12馬力を搭載。
雨水、泥水から足もとをまもるレッグシールドの標準装備や35/36Wの明るい前照灯で一段と実用性が向上。
12/9,000
0.96/7,000
Benly CD125TF (1984) ベンリィ このベンリイCD125Tには、新たに、積載する荷物の重量に応じて5段階に調整できるリアサスペンション、35W/36.5Wのハロゲンヘッドライト、メンテナンスが不要なCDI方式の点火装置、トリップメーターを装備するなど、使い勝手をより向上させたものとしている。また、外観はタンクをクロームメッキとし、ニーグリップラバーを装備するなど格調高いデザインとしている。
 エンジンは、静粛性、経済性、耐久性にすぐれ、中・低速でねばり強い4サイクル・OHC・2気筒エンジンを搭載。また、足もとへの泥はねや風などを防ぐレッグシールド、荷物が積み易い頑丈なリアキャリアを標準装備するなど、使い勝手の良いビジネスバイクとしている。
12.0/9,000
0.96/7,000
Benly CD125TJ (1987) ベンリィ 荷物の積載性を向上させた大型リアキャリアや、5段ロータリー式の変速機を採用
排気騒音などの低減による静粛性の向上。(90/125T)
12.0/9,000
0.96/7,000
Benly CD125TN (1992) ベンリィ CD125Tは、静粛性、経済性、耐久性にすぐれた4サイクル・OHC・2気筒エンジンを搭載し、足元への泥はねや風などの影響を低減するレッグシールド、荷物が積みやすく丈夫なリアキャリアを標準装備するなど使い勝手の良いビジネスバイクである。 12.0/9,000
0.96/7,000
Benly CD125T1 (2001) ベンリィ 今回、細部を熟成するとともに、排出ガス浄化装置として、エキゾースト・エアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用し、国内の排出ガス規制に適合させている。
11.0/9,000
1.0/6,500
幼児タンデム仕様
当時物の部品ばかり かなり味がありますねー
冬バージョンです
主要諸元表
型式
CD125
車名
ホンダ
形式 オートバイ
車体番号 CD125-
制作工場の名称 本田技研工業兜l松製作所
全長(m) 1890
全幅(m)
755
全高(m)
1040
軸距(m)
1250
最低地上高(m)
135
乾燥重量(kg)
115
車両総重量 225
空車時荷重分布   前 54
             後 61
積車時荷重分布   前 78
             後 147
最高速 115
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
65(40km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ)
0.311(約32度)
最小回転半径(m)
1.95
制動停止距離 7.0(35km/h)
エンジン型式
空冷4サイクル
総排気量(cm3)
124
内径×行程(mm)
44×41
圧縮比
9.0
最高出力(PS/rpm)
12.5/10,000
最大トルク(kg-m/rpm)
0.94/8500
キャブレター型式
負圧制御可変
始動方式  キック/セルモーター
点火方式
バッテリー点火
潤滑方式
圧送・飛沫併用式
燃料タンク容量(L)
9.5
クラッチ形式
湿式多板
変速機形式
常時噛合ロータリー式
変速比      
1速
2.615
2速
1.611
3速
1.190
4速
0.880
減速比 2.800
キャスター(度)
64
トレール(mm)
85
タイヤサイズ  
3.00-16
3.00-16
ブレーキ形式   
内部拡張式
内部拡張式
懸架方式     
テレスコピック 油圧式
スウィングアーム 油圧式
フレーム形式
T型バックボーン
方向指示器 コンデンサー式
警告音 電気式渦巻型
速度計 渦流式積算計内臓
空気清浄機 濾紙式
シリンダー数と配列 2シリンダー 並列前傾30°
弁配置 頭上カム軸式
タンクは、錆びが残った状態であったので濾過機(ストレーナ)をジョイント。
最近馴染みのバイク屋さん(ハンマーケンジさん)に頼んで復活を
タイヤ前後交換 バッテリー交換 オイル交換 キャブ清掃 タンク清掃  バルブ交換
で なんとか ナンバー取得完了しました レッグガードとタンデムグリップを取り外し なかなかイイ感じです
始動に関しては 初めはセルでかかりにくいですが 走行後はセル一発始動です. しかし2.3分の暖機は必要 (^。^;)フウ
エンジンを駆けるとマフラーからなかなかいい音を奏でます ( ̄ー ̄)ふっ
現在ニュートラルランプは切れていますが( 現在復活 単なる球切れでした)
ロータリー式4速はしっかりとギアチェンジが入りますので別段問題はないです
高速も100`は大丈夫(但若干の下り道でのみ``r(^^;)ポリポリ)
寒くなってきたので そろそろ レッグシールドでも付けましょうか


ヤフーオ-クションにて落札

岸和田までバイクの引き取り 2時間ほどの行程
やっぱり1966年式でした
それにしても取説が新品みたいに綺麗 サービスマニュアルも当時物 
ええ味出しとるな〜
よくよく聞いてみると
オーナーはレッカー業の方
あるお宅の車の処分を依頼され訪れてみると
そこには古〜〜〜〜いホンダのライフが
ご主人にとっては宝物なんですが
奥様は車庫の邪魔といって中にあるガラクタを全て
処分して との依頼
ライフの他にまたまた古〜〜〜いモンキー
そして初代1966年物 CD125
早速引き取りライフは自分所有 
モンキーはオークションでなんと○○万円也
そしてCDは私の手元に 錆びはあるものの
ガレージ保管なんでなかなかいい状態
タイヤもひび割れなんで
タンク洗浄・タイヤ交換・キャブ清掃・バッテリー交換で何とかなりそうです
廃車証 書類がなかったんですが
オーナーの譲渡証明書と本人が石ずりして
二輪車協会に行けば300円で再発行してもらえるということですので
登録もなんとかOKです。

オークションに掲載時の写真
それ風にセピア色にしてみました.
純正タンデムシート
レッグカバーありの完品でした。
ヽ(^^ ) ヨシヨシ
当時ものの サービスマニュアルと取り扱い説明書です。
取扱説明書は新品同様(S41.7制作)
これだけ読んでいてもなかなか楽しめます。
サービスマニュアルもなかなかキレイです(S42.8月初版)
パーツリストもオークションでゲット
(S41.7制作)
当時のカタログもゲットしました
さすが古いバイク車輪にこんな汚れとり?が・・・・・
( ̄ー ̄)ふっ



磨いたらこんなに綺麗になりました